メンズ用の防寒ベストの選び方

寒い時期に重宝するのが防寒ベストです。ただ、どんなものを選べば良いのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では防寒ベストの中でも特にメンズ用を購入する際に、失敗しないためのポイントをご紹介していきます。

自分用はもちろん、旦那さんや彼氏さんにプレゼントする際の参考になれば幸いです。

作業着としても活躍するおすすめの防寒ベスト

サイズについて

メンズの防寒ベストを購入する時にまず見ておきたいのは、サイズについてです。ただし、サイズはどのような使い方をするのかで選び方が微妙に変わってくるため、その点注意が必要です。例えば、自転車やバイクに乗る時に着用するための防寒ベストなら、ジャストサイズがベストです。

その理由は、防寒ベストと体の間に隙間があるとそこに風が入り込み、空気抵抗となるからです。自転車の場合は風の抵抗が大きくなれば、それだけペダルを漕ぐのが大変になります。バイクだとスピードを出した時にバランスを崩すかもしれませんのでとても危険です。

このことから、自転車やバイクに乗る際に着る防寒ベストならできるだけ体にピッタリなサイズが望ましいと言えます。もしもウォーキングや近所のコンビニに行くために羽織る防寒ベストなら、少し大きめのサイズにしておく方が無難でしょう。

ジャストサイズのものだと、防寒ベストの下に重ね着がしにくくなりますが、ある程度余裕があればセーターを着るなど調節しやすいです。他にも、パーカーを着るなら防寒ベストの後ろからフードを出したいため、大きめが良いでしょう。

具体的には、防寒ベストの腹のあたりに拳が一つ入るくらいの余裕があると、厚手のインナーを着ても脱ぎ着しやすいです。

ポケットの数と位置

メンズ用の防寒ベストに、ポケットは必須だと言って差し支えがないでしょう。理由は女性のようにハンドバッグを持ち歩いている人が少ないからです。そのため、多くの男性は持ち物をポケットに突っ込んでいるケースが少なくありません。

ところが、防寒ベストを着用すると上着のポケットはほぼ潰れてしまいます。そこで、メンズ用の防寒ベストを買うなら、ポケットの有無は確認しておきたいポイントです。ただし、ポケットはあれば良いというものではありません。

数は当然ですが、どの位置にあるのかも非常に重要になります。自転車やバイクに乗る人用の防寒ベストなら、背中側の腰のあたりに左右に一つずつポケットがあると非常に便利です。運転中はどうしても前のめりになるため、胸ポケットに入れたものが落下する恐れがあります。

その点、背中側の腰のあたりに軽食やスマートフォンなどを入れておけるなら、走行中に紛失しにくいです。それに対して、クルマに乗る、あるいはウォーキング時に使用するためのメンズ用の防寒ベストなら、背中側のポケットはなくても問題ありません。

胸やお腹側にポケットがあるものの方が使い勝手が良いと感じる人は多いでしょう。

色を選ぶ時に気をつけたいこと

基本的に好みで良いのですが、男性にプレゼントするのであれば黒や青にしておくのが無難です。もちろんピンクが好みだと事前に聞いているなら、該当する色のメンズ用の防寒ベストを選んで良いでしょう。気をつけなければいけないのが、周辺が暗くなってから移動することが多い人用に購入する防寒ベストについてです。

ダークカラーの防寒ベストを着た状態で日が落ちた、しかも街灯が少ない道路を歩くのは危険な場合が多いです。夜間に移動するのなら、蛍光色と呼ばれる色の防寒ベストを選びましょう。最近では道路工事や新聞配達の人が着ているような反射シールがついた防寒ベストも売られているので検討しておきましょう。

仮にプレゼント用に購入する際にどの色が良いのか迷う場合、リバーシブルの防寒ベストにするのも良い方法です。これなら一方の色が気に入らなくても、表裏をひっくり返して使えるからです。

ファスナーかボタンか

メンズ用の防寒ベストは、大きくわけてファスナーとボタンの二通りが売られています。色の場合と同様に、どちらにするのかは好き嫌いで決めれば良いのですが、どちらでも構わないならファスナータイプにしておきましょう。

ボタンを採用しているメンズ用の防寒ベストに比べると、ファスナーの方が脱ぎ着しやすいとされます。そして、最新の防寒ベストの中には、上下にファスナーが取り付けられているものが売られています。このようなタイプのメンズ用の防寒ベストのメリットは、上からでも下からでもファスナーの開け閉めが可能なところです。

子供を抱いている、荷物を持っているといった時に、上下にファスナーがあるのとないでは使い勝手が格段に変わります。しかし、ファスナーがインナーの布を噛み込んでしまい、うまく開け閉めできないといったケースもゼロではありません。

そんな煩わしさから解放されたいなら、ボタンのメンズ用防寒ベストを選んでおくと失敗が少ないです。

素材によって違うメリット

メンズ用防寒ベストに使用されている素材についてですが、どのようなものを選ぶのかで若干ではあるものの使い勝手が違ってきます。厚着することが多い、または体型が変わっても使えるものを探しているというのなら、ストレッチ素材を使った防寒ベストを選ぶと良いです。

伸び縮みするため、ジャンパーの上からでも着られますし、多少の体型の変化にも対応が可能です。さらに、細身の体型の人にもフィットすることが多いため、インナー用としても使えます。とにかく暖かいメンズ用の防寒ベストが良い人なら、中がアルミフィルムラミネート加工になっているものがおすすめです。

これは防寒ベスト内で温められた空気を外に逃しにくいので、暖かさが持続します。他にもデニム風や襟にボアがついているものが販売されていて、こちらはオシャレなものが良い人に向いているタイプです。いずれにしても、丸洗いができる防寒ベストにしておくと手入れが楽になります。

防寒対策はインナーベストでバッチリ!レディースのおすすめ商品も紹介!

色んなものを見て決めましょう

最近ではフードが簡単に脱着できるものや簡易ヒーターをポケットに入れて使えるものなど、たくさんの種類の防寒ベストが売っています。どれを選ぶのかは最終的には好みによるものの、可能であれば実際に身につけてから購入するかを判断しましょう。

特に質感やポケットの位置は、試着すると自分に合う合わないがすぐに判断できます。

防寒用のヒーターベストを選ぶ際のポイント!着用時の注意点とは